リンクス高麗川 LINKS KOMAGAWA

埼玉県西部を流れる高麗川の真の再生を夢見る人たちの集い

高麗川問題を話し合いましょう

カワセミのふるさと高麗川にコンクリート遊歩道?

 
県の「まるごと水辺再生事業 」で高麗川の天神橋から下流に遊歩道が作られるという計画が進んでいることは、リンクス高麗川の「かわら版」などでご存じのことと思います。
高麗川の中でも特に自然が残されている部分にコンクリートを使う遊歩道をつくること、坂戸まで繋げるというが、そもそも高麗川の中に遊歩道が必要なのかということ、計画は最初から住民に知らされないまま着工の段階に来ていることなど、疑問だらけです。
  自然環境が良いからとこの地を選び住んできている私たちは、いつのまにか自然が人工物にすり替わっていくことも見てきました。だけど高麗川だけは手つかずの自然を残して流れ続けるだろうと思ってきました。
 しかし4年前、橫手渓谷の橫手神社から諏訪橋間が「水辺再生100プラン」の名の下にガチガチのコンクリートの護岸にされました。近隣住民の反対を無視してです。巾着田にもコンクリート物が増えました。清流高麗川が大きなダメージを受けています。
 そして今度は、「カワセミの聖地」と呼ばれる清流橋から高岡橋を含む部分にコンクリートを載せた幅2mの遊歩道を作るというのです。自然の岸辺が護られなければ、多くの生き物は生息できず水も汚れます。一度自然を壊すと取り返しがつかないことを私たちは思い知らされています。
 こういう状態を知ったとき、私たちはどうすればいいのだろう。遅すぎる感はあっても、何とか一緒に知恵を出し合って良い方法を編み出したい、そういう思いで皆さんに呼びかけます。
 暮れの多忙な時期で恐縮ですが、高麗川問題で話し合いましょう。 

        12月13日(日) 14:00~ ふれあいサロンにて
                      武蔵台ショッピングセンター
                                
  高麗川問題を考える有志
  

広告を非表示にする