読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンクス高麗川 LINKS KOMAGAWA

埼玉県西部を流れる高麗川の真の再生を夢見る人たちの集い

高麗川のいきもの 160131

川と自然 いきもの調査

久しぶりに高岡橋からお蔵淵の少し下流くらいまで、一時間くらい、ガサガサしながら歩きました。
雪のせいか流量多く、水自体はとてもきれいでした。
ケヤキ少し下流から上流にかけて川筋を変えたり、川底を深く掘りかえしていることが原因かと思うのですが、流れが緩やかなところや淵に、歩くと赤茶色に舞い上がる泥が一面に堆積していました。
また竹、木、葉、草が岩などにひっかかっていました。
さてガサガサの成果?です。魚100匹以上、ヤゴ数種類、カゲロウ・カワゲラ・トビゲラ数種類、ヘビトンボの幼虫の死骸、ナベブタムシ、ヌカエビ。
魚は、オイカワ、カワムツ、ウグイとアブラハヤ(区別ができないのです)、タモロコ、カジカ、トウヨシノボリ、ジュズカケハゼ、シマドジョウでした。
高岡橋少し上流の岩のある淵の倒木の下、木や竹や葉や草がひっかかったところにはオイカワ、カワムツウグイとアブラハヤの稚魚がたくさん集まっていました。お蔵淵から流れてきたと思われる葉のたまりにも稚魚が。砂のたまりにはシマドジョウがいました。

泥の淵への影響は大丈夫かな? by 中

 

広告を非表示にする